整形外科に関する情報サイト

整形外科とは

整形外科とは定義上、「骨、関節、靭帯、末梢神経、筋肉などの運動器に関わる疾患や外傷を治療するところ」となっています。





これは西洋医学の発展と密接な関係があります。西洋医学では薬で治療するのが中心の内科と手術によって病変部を取り去るという外科に大別されていました。

解剖学や病理学など、基礎医学と言われるものが発達するとともに、臓器別に治療方針を立てるようになり、それぞれが専門分化してきました。


このうち、四肢と脊椎を中心として、これらにまつわる骨、関節、靭帯、神経、筋肉などを全般的に扱うようになりました。

 



また、こういった疾患とは別に外傷学と言う分野もあります。その名のごとく、けがに対する治療が中心になります。



外傷学のうち、整形外科では四肢と脊椎に関する領域、いわゆる骨折、捻挫などです。現在の整形外科では、変性疾患と呼ばれる変形性関節症、椎間板ヘルニア、骨腫瘍、腱断裂などの治療も手がけています。

これらに対する外科的治療だけでなく、内科的治療(薬の投与やリハビリなど)も行うようになりました。

 

整形外科は、英語でOrthopaedicsと呼ばれます。orthoとは矯正という意味です。paediとは子供の事であり、成立初期は前述のように子供の手足の変形が治療対象の多くを占めていたことに由来します。日本に伝えられたとき、日本語で整形外科と訳されました。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

外科との違い

整形外科というのは、一番よく世話になる状況は骨折、捻挫などのけがの治療だと思います。しかし、整形外科の本来の治療範囲は運動器と呼ばれる器官が対象となります。運動器と言われてもピンと来ないかも知れませんが、骨、筋肉、靭帯、神経など体を動かす、または支える主要器官(主に四肢と脊椎、骨 盤)と考えるとよいでしょう。従って、けがを治療するのは整形外科医のほんの一部の仕事であって、他には神経痛の治療や、リウマチあるいは年齢 とともに痛んできた関節を治療したりします。先天的な手足の異常を対象にすることもあります。骨や筋肉、神経の腫瘍も治療します。時には骨肉腫も扱います。すなわち、けがだけでなく、運動器に対する治療全般を行っています。

 

美容整形や形成外科とは異なります。接骨や整体とも違います。外科とは広い意味では手術をする医者のことですので、整形外科も眼科も外科に含まれます。反対語は内科になります。狭い意味では一般外科とも言われており、通常はおなかと胸部(心臓・肺など)の手術治療に携わる職業です。

 

元々は外科というのは、身体全体を扱っていたのですが、近代医学となってからは専門化が進み、○○外科という風に別れたのです。眼科、耳鼻科など手術するが、外科と名の付かない科もあります。整形外科で扱う疾患にも内科的な治療がメインの疾患もあります。

 

自己資金が少ない場合の資金集めのポイント

融資金額の不足とその対処としては、担保不足のため、金融機関などから、当初必要とされる資金を調達できない場合は、他から融資をあおぐか、設備投資を縮小しなければなりません。民間金融機関も最近では無担保で融資に応じてくれるところも増えてきています。また、最近のリース会社は医療機械のリースだけではなく、内装造作費用の分割払いや運転資金の融資も行っています。

 

融資金利は一般的に銀行融資より少し高くなりますが、担保は原則としていりませんので検討する価値があります。しかし、資金の調達方法を変更し、当初の設備投資を実行する場合は必ず事業計画書や資金繰り計画書を練り直し、問題が起こらないかどうか必ずチェックしなければなりません。なお、リースを利用する場合は、それを導入すると得られる月額の診療報酬で月額リース料が賄えることが必要条件といえます。

 

また、融資金額が不足してもどうしても必要な設備投資であるなら、中古品を購入したり、すこし質を落としたりすることで設備投資金額を融資額範囲内にとどめることが大切です。どのくらい患者さんが来るか分からない段階では無理な設備投資は控えるべきです。開業後、軌道に乗ってから調達しても間に合う設備投資は結構あるものです。慎重な設備投資が資金に余裕をもたらします。