調剤薬局監修の整形外科に関する詳しい情報サイト

診療圏の調査

結果的に開業したら1日何人の患者が来院するのか?ということを予測する調査です。

 

具体的には予測された数値を基本に、1日あたりの推定外来患者数に達するまで、どれくらいの時間がかかるか、果たしてその患者数で医院経営が成り立つかを適正に判断し、開業地を決定します。

 

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

都市部での徒歩圏(半径500m〜1Km)と地方の車社会を中心とした地域の事情でまったく診療圏の地域も変わってきますので、診療圏の設定には注意が必要です。

 

また近隣に川や大きな道路または線路がある場合には、完全に地域が分断されますのでそこを考慮しながら設定する必要があります。

 

整形外科では、高齢化社会に向けてニーズが拡大しており、リハビリ施設基準のOT.PTの採用が難しいです。

 

専門性を打ち出したスポーツ整形の展開も見られます。競合医院の数にもよりますが、診療券の広さは3kmまで見て良いでしょう。

 

薬剤師国家試験