調剤薬局監修の整形外科に関する詳しい情報サイト

開業に関する資金集めのポイント

融資金額の不足とその対処としては、担保不足のため、金融機関などから、当初必要とされる資金を調達できない場合は、他から融資をあおぐか、設備投資を縮小しなければなりません。民間金融機関も最近では無担保で融資に応じてくれるところも増えてきています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

また、最近のリース会社は医療機械のリースだけではなく、内装造作費用の分割払いや運転資金の融資も行っています。

 

融資金利は一般的に銀行融資より少し高くなりますが、担保は原則としていりませんので検討する価値があります。しかし、資金の調達方法を変更し、当初の設備投資を実行する場合は必ず事業計画書や資金繰り計画書を練り直し、問題が起こらないかどうか必ずチェックしなければなりません。なお、リースを利用する場合は、それを導入すると得られる月額の診療報酬で月額リース料が賄えることが必要条件といえます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

また、融資金額が不足してもどうしても必要な設備投資であるなら、中古品を購入したり、すこし質を落としたりすることで設備投資金額を融資額範囲内にとどめることが大切です。どのくらい患者さんが来るか分からない段階では無理な設備投資は控えるべきです。開業後、軌道に乗ってから調達しても間に合う設備投資は結構あるものです。慎重な設備投資が資金に余裕をもたらします。

 

薬局