調剤薬局監修の整形外科に関する詳しい情報サイト

不動産購入・賃貸

不動産には法律がかかっていて、開業する場所においても何らかの都市計画法上の地域に分類できるでしょうし、その地域の発展性や将来性、競合医療機関の流入可能性などを予測する場合にも不動産の法律の知識があったほうがよいでしょう。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

そこで都市計画法上の用途地域や建ぺい率、容積率などの知識が参考になるでしょう。まず、建ぺい率ですが、敷地の面積に対してその建物がしめる割合です。つまり100坪の土地で建ぺい率が60%とすると、その建物は1階部分60坪しか建てられないというイメージです。容積率はその敷地に対して建設可能な建物面積です。つまり100坪の土地で 容積率200%というと、200坪の建物が建設可能ということになります。つまり容積率が高い場所は土地の有効活用を促進する地域であり地価も固定資産税も高く、地主にとっても有効活用しないと不経済ということになります。つまり、容積率が高い地域はテナントビルも建ちやすく、競合も出やすいということになります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

ただ、容積率・建ぺい率のみではなく、都市計画法の用途地域には住居系で低層住宅を促進する地域や、高層住宅を促進できる地域、商業系の地域、工業系の地域などさらにその地域を細分化しています。工業専用地域以外は住宅が建設できますが、ロケーションもかわってきますし、よく地域をしることが大切です。

 

調剤薬局