調剤薬局監修の整形外科に関する詳しい情報サイト

リフォーム工事の必要性

今日の医院の建替えには、医療機器の発達に伴い新しい設備投資に多大な資金を要します。また、リフォームでは患者さんにご迷惑をかけずに工事をするなどの配慮やノウハウが必要も必要とされます。そのため、診療圏の再調査を行い、患者数や年齢層の変化などに配慮するとともに、医院の承継も視野に入れるなど、経営シュミレーション十分に行う必要があります。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

医院建替えには、3つのポイントがあります。 市場環境の変化・・医院の開設時とは、診療圏における家族構成や年齢層が大きく変わっていることが予想されます。再調査し、時代の流れや患者ニーズを根本的に捉えなおし、患者の高齢化が進んでいれば、高齢者が通院しやすいよう、バリアフリー設計にするなど配慮するとよいでしょう。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

将来の医院運営の継承・・将来、第三者が行うことも考えられます。その場合、住宅との併設を避けるなどの配慮を行い、承継しやすさに重点を置くのもよいでしょう。 駐車場の確保・・環境の変化により、徒歩圏内の患者だけでなく、新たな設備投資に見合う収入が期待できないことも考え、駐車場の整備は必須条件です。また、市街地の場合は、敷地内に駐車場の確保が困難な場合もあるため、周辺に駐車場が借りられるか確認が必要です。

 

薬剤師 転職