調剤薬局監修の整形外科に関する詳しい情報サイト

患者を一人でも多く獲得するコツ

整形外科診療所を取り巻く外部環境の変化に対応した経営課題は、
(1) 高齢化の進展
今後の診療需要は高齢化の進展にともない、増加基調で推移することが見込まれます。また、筋骨格系の疾病は加齢により増加します。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

(2) 競争の激化
整形外科診療所数の増加や 2000 年から導入された介護保険事業の通所サービス、柔道整復師との競合も激しくなってきており、顧客サービスの差別化の観点からも独自の視点からの経営展開の重要性が益々高まってくるものと思われます。
(3) 増患対策
整形外科診療所は、外科よりも患者 1 人当り医業収益がかなり低くなります。そのため患者の“数”の獲得が経営上の最大のポイントになります。また、高齢者の患者割合が圧倒的に高い診療科ですから、高齢者の立場に立った患者接遇が重要です。
(4) 介護保険施設との連携
介護福祉施設やケアハウスには、慢性疼痛を訴える患者が多いので、訪問リハビ リテーションを実施するなどして、これらの施設との連携を強化することで、患者の支持(顧客満足度の向上)を高めることができます。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

(5) 専門外来診療科の設置
慢性疼痛については、ホットパック等の器具による消炎鎮痛では治療に限界がありますので、「ペインクリニック(痛み外来)」を併科して治療の奥行きを深めることも 1 つの方法です。また、「リハビリテーション」にも関連分野として積極的に取り組む必要があるでしょう。

 

薬局